大きく育つ分譲型のたまごたち

投資対象としての高級賃貸のメリット、デメリット

高級賃貸マンションの資産価値

高級賃貸マンションの良さは資産価値の目減りが少ない点である。
オーナーから見たその魅力に関して述べたいと思う。
不動産所有のリスクは賃借人がつかない点が真っ先に挙げられるが、高級賃貸マンションは、比較的つきやすい。
値段が張るからなかなか賃借人が見つからなそうであるが、実は逆である。

借りられやすいし投資しやすいメリット

どの時代においても富裕層はいるわけであり、そのマンションの地位的優位、例えば駅から徒歩5分以内であるとか、周囲にデパートや医療機関、公園がある、とか、だいたいのポイントを兼ね備えている。
たとえば、横浜駅周辺を考えると、駅周辺には高級賃貸マンションが数棟建っている。
そのいずれも、外観からは想像しぬくいが、エントランスの豪華さ、室内の上品さは一般的な賃貸物件とは比較できないほど上品かつゴージャスである。

地方の中心都市にも高級賃貸マンションは多い

横浜駅周囲には、駅西口には高島屋、東口にはそごうがあり、地下街も充実している。
買い物をするには十分である。
いわゆる地下食品街も充実しているため食の楽しみを十分に享受できる。
また、みなとみらいも徒歩圏内であり、散歩コースにも恵まれている。
山下公園も十分散歩コースになりえる。
子育て中であれば、近くにはアンパンマンミュージアムもあり子供の遊び場となりうる。

デメリットを見極めて投資をしよう

逆にデメリットに関しても触れたいと思う。
まず、管理費が一般的な物件よりも高額である。
共用部分の管理に費用が掛かるのはわかる。
物件によっては、24時間常駐するコンシェルジュがいるような物件もある。
また修繕積立費も割高になる。
所有する物件の部屋の広さに比例する形になるが、管理費および修繕積立費で10万近くになる場合もある。
また、物件を不動産投資ローンを利用した場合において、1か月でも賃借人が付かない場合は、場合によっては40万近くローンの支払いに持って行かれるため、こういう物件は極力現金で購入することをお勧めする。
高級賃貸の東京賃貸情報は東京リアルタを参照してみてください。

新たな探検報告書