高級賃貸マンションのイメージについて

高級賃貸マンションについて

高級賃貸とは、どれくらいの部屋の広さで家賃はいくらなのだろうか。
気になったのでネットで調べることにした。
どうも、家賃の価格としては50万円を超える物件をさすようだ。
広さは3LDKで140平米以上のものを指すらしい。

東京都心の一等地のマンションはみんな高級

東京の六本木、麻布、元麻布などに位置する高層ビルの一室は超高級賃貸物件と表現してもいいかもしれない。
家賃も軽く100万円を超えるものもある。
中には付き額500万という物件もある。
部屋の間取りは大きく、ウォークインクローゼットがついている。
ホームパーティができる。
屋上にはプール。
ベランダではバーベキューもできる。
地下には駐車場完備。
駅からも近い。
買い物にも便利。
眺望も抜群だ。
バスユニットは2つあり、トイレは3つ。
キッチン機器も使いやすく豪華である。
セキュリティも万全に保たれている。
医療機関にかかる場合も迅速な対応が可能である。

オーナーやユーザーは特別な人とは限らない

こうして、考えていくと、究極の夢の空間をイメージしてしまう。
一体どういった方々が入居しているのだろう。
おそらく経営者といわれる方々であろう。
ビジネスの打ち合わせや、住居としての機能を果たすのだろう。
マンションを分譲での購入という方法ではなく賃貸することで税金対策になるのかもしれない。
有名スポーツ選手ないし芸能人の住居であるかもしれない。
地方都市ではなく、東京という土地柄がイメージしやすい。
しかし、一般の人も手の届く価格帯で一部は提供されているのだ。
やはり、日本の首都でこそ、夢の空間である高級賃貸という言葉がしっくりとくる。
もしくは、外国ではパリやニューヨークであろうか。
株やFXなどで蓄財をしている投資家が住んでいるのかもしれない。
そうした夢をみることが明日への幸せにつながるような気がする。
夢をみることは大切だ。
自分の住まいだとイメージしてみることにした。
そうしたイメージを持つことで、幸せな気持ちになれた。